PADIオープンウォーター

沖縄には数え切れないほどのダイビングショップがあります。
その数は沖縄の本島だけでも数百店といわれています。

ライセンスコースの価格設定もそれぞれ違いがあり、どこのダイビングショップが良いのかわからないのが現状です。

ライセンスコースではコース費のほかにコースを学ぶのに利用する教材の費用や申請料などもかかります。
ショップによっては教材をレンタルしているところもありますが、教材はダイビング器材の利用方法、ダイビングの基礎やルールなどがかかれています。
ライセンスを取得後もいつでも確認できるようにするのがおすすめです。

また、器材レンタル代、保険料やランチ代が別途料金になっているところなどもあります。

提示されているのには何が含まれていて、別途料金はどれだけ必要なのか、合計の金額は確認しましょう。

料金以外にも、ダイビングの指導団体はどこなのか?
一般的にはPADIという指導団体がもっとも大きくおすすめです。

あとは海洋実習のダイビングスポットがどこになるのか?
空港近くや那覇市内は都会化がすすみ海がとても濁っています。
せっかく沖縄の海にダイビングを楽しみにきたのに人工のビーチで透明度がとても悪いところもあります。

ライセンスコースでは予算に余裕があればボートダイビングも検討してみましょう。
ボートポイントはどこになるのか乗船料も確認しましょう。

おすすめのダイビングショップ

沖縄ダイビングライセンス・PADIのCカードはワールドダイビング

PADIオープンウォーターのコース費は26800円、教材、申請料11000円で計37800円で取得できます。器材レンタル代、保険料やランチ代は全て込みの料金です。
業界最安価キャンペーンも実施していてハイシーズンの時期でもコース24800円で受講できます。

海洋実習のダイビングスポットは話題の青の洞窟で常時開催されています。
大きなスクールではないので少人数制でのんびり受講できます。

夏場のハイシーズン中は何人のチームでコースを開催しているのかも重要です。
1人のインストラクターに10人のゲストということもあります。
安全にダイビングを楽しむためには少人数制のところを探しましょう。
ハイシーズン中でも5人を越える場合は注意が必要です。

大きなお店やホテルや旅行社と提携しているお店、雑誌に大きくとりあげられてるところも、もしかしたら気をつけなくてはいけないかもしれません。

沖縄の青の洞窟でダイビングライセンスを取得できる「ワールドダイビング」

沖縄の代表的なリゾート地の恩納村にあるPADIダイビングスクールの「ワールドダイビング」では、各種ダイビングライセンスが取得できます。世界シェアが7割の世界最大のスキューバダイビング教育機関のPADIから高い審査基準を満たして正式に許可をもらっている正規登録店で、初心者から上級者までの各種ダイビングライセンスコースは常時年間を通して開催しているそうです。アットホームな雰囲気の中で少人数制のスタイルで開催していて女性のスタッフも在中しており、女性の方や1人でも安心して自分のペースで講習に参加できます。

特徴的なのは、ワールドダイビングではスクールのすぐ近くにある沖縄の人気ナンバーワン観光名所の「青の洞窟」でダイビングライセンスが取れるところです。洞窟探検を楽しみながら各種のライセンスコースを受講でき、空いた時間を使って洞窟周辺の探検や人の少ないポイントで観光も出来ます。ダイビングが初めての方でも参加できる体験ダイビングもあり、泳ぎに自信がない方やダイビングに不安な方でも気軽にチャレンジができます。
他にも上級者になりますが、沈没船を見られるコースや離島のツアーなどダイビング初心者から上級者まで楽しめるコースが充実しておりお客様の口コミの評価も高いので、沖縄でダイビングライセンスの取得にチャレンジしたりダイビングを楽しみたいならワールドダイビングで安心安全です。